パス、トラップ、ドリブル、シュートよりも大切な技術

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカーの技術と言えば、パス、トラップ、ドリブル、シュート等いろいろありますけど、

今回は試合の中で1番大切な技術について伝えようと思います。

 

香川真司が中学生の頃に所属していたFCみやぎバルセロナっていう仙台のチームみたいにドリブルばっかりする所があったり、

「ボールを蹴る前にまずはトラップを練習しろ!」的なことを言う少年サッカーコーチがいますが、

サッカーの試合で1番大切なのはドリブルやトラップではなく動くことです。

 

 

サッカーの試合中にボールを持っている時間と持っていない時間を比べたら、ボールを持っていない時間の方が圧倒的に多いですからね。

だからこのボールを持っていないときの動き、これをオフ・ザ・ボールっていうんですけど、オフ・ザ・ボールの動きの質がかなり重要になってくるわけです。

 

 

動くといってもサッカーにはいろんな動き方があって、例えば

 

パスをもらうための動き

シュートをうつための動き

相手をマークする動き

相手のマークを外す動き

味方を活かすためのおとりの動き

 

などなど他にもいろんな動き方がサッカーにはありますが、これを見てもわかるようにサッカー選手はただ攻めたり守ったりしてるだけではなく、常に考えながら動いているという事です。

 

 

ですが、サッカーを始めたばかりだとどのように動いたらいいかわからず、動きに迷いが出て中途半端なプレーになってしまうので、

 

 

その場合はとにかく走るってことをしてみてください。

 

 

味方がボールを持っているときの走るポイントは、

シュートが打てる位置に走り込む

ってことを第一に考えながらパスをもらえる位置に走ってみてください。

 

でもボールを持ってる味方に近づきすぎると小さい子がよくやるような団子サッカーみたいになってしまうので気を付けるように。

 

 

 

逆に攻められている時は、

相手のボールを奪いに行くこと

自分のチームにとって危険なポジションにいる相手選手のマーク

これを考えて走ってみてください。

 

 

ってことでここまでいろいろ書いたけどこれを読むだけで理解するのは難しいと思うので、試合中にそんなに考えられないとか、効率のいい動き方がわからないって場合は、

がんばって走って攻める

がんばって走って守る

これだけを意識してみてください。

 

ずっと続けていればどういう風に動けばいいかわかるようになるし、中途半端な動きをするより思い切りよく走った方が良いプレーにもつながるので。

 

それではまたー。

コメント