メッシのドリブルを身に付ける上達方法

ドリブル上達方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はみんな大好きなドリブルについて書いていきますよー。

 

 

前にも書いたけど、ドリブルといえば日本代表のドルトムントMF香川真司が中学生の頃に所属してたFCみやぎバルセロナは、ドリブルの練習に特化してて試合中にパス禁止とかしてるように、

特に小学生や中学生年代ではドリブルの練習をたくさんするチームが多いと思います。

 

 

まあその理由は単純にドリブルが好きな子が多いからです。

やっぱりバルセロナのメッシとか見てるとかっこいいし自分もやりたくなりますからね。

 

 

 

ただ、よくある少年サッカーチームで行われているドリブル練習では当然メッシのドリブルはできるようにならないし、相手をかわすかっこいいドリブルなんて身につきません。

 

 

僕が言ってるそのドリブル練習とはコーンを並べてジグザグにドリブルするよく見るやつの事なんですけど、

 

 

なぜその練習でメッシのような相手をかわすドリブルが身につかないかと言うと、

これは運ぶドリブルの練習だからです。

 

 

 

ドリブルは大きく分けると運ぶドリブル仕掛けるドリブルの2つがあって、

運ぶドリブルとはこの練習のように自分の進行方向にドリブルをする、攻める選手だけではなくGKも使う基本的なボールタッチのようなものです。

 

 

 

で、みんなが好きなメッシのように相手をかわすドリブルは仕掛けるドリブル。

これは運ぶドリブルの応用なんですけど、1番の特徴はドリブルに緩急をつける事です。

 

 

試合を見てるとわかると思うけどドリブルをしてる選手が相手をかわす瞬間に一気にスピードを上げますよね。

その緩急をつけるタイミングや強弱が重要なんです。

 

 

 

そもそも試合だとDFが動きを変えてドリブルに対応して来るけど、コーンは動かないんでね。

 

 

ずーっとコーンを使ったジグザグドリブルの練習ばっかりやらせてる少年サッカー指導者もいるけど

子供の成長に合わせて練習もレベルアップする必要があるのに、いつまでコーン相手にドリブルさせてんねんと思います。

 

 

コーンを最強のDFやと思ってるんですかね。

日本代表のセンターバックは吉田麻也とコーンになるんですかね。

 

 

 

ちなみに日本代表のドリブラー中島翔哉と原口元気は子供の頃に飼い犬を相手にドリブル練習をしてたみたいです。

犬は足が速いし、ボールしか見ないんでフェイントに引っ掛からないらしいので原口は「僕にとって最強のDFは犬」って言ってました。

 

 

僕は犬とサッカーをしたことが無いからわからんけど、速いしいつまでも追いかけてくるんで手強い相手やと思います。

日本を代表するドリブラー2人が犬を相手にドリブル練習してたっていうのはただの偶然ではないでしょうね。

 

 

 

なので、動かないコーンなんか相手にするより犬とか人を相手にドリブルする方が遥かに良い練習になります。

コーンを使った練習をする場合でも、人をかわすドリブルを意識して緩急をつけてみたりいろいろ工夫をしてみてください。

 

 

 

ってことで今日のまとめです。

 

ドリブルには運ぶドリブルと仕掛けるドリブルがある

仕掛けるドリブルのポイントは緩急

 

ではまたー。

チームで1番下手だった少年が1ヶ月でレギュラーになり中心選手として活躍した
「自分の中に眠る天才サッカー選手を呼び起こす方法」
少年サッカー上達プログラム ORESEN The REVENGE

⬇⬇

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドリブル上達方法
ゴラッソ安田をフォローする
ゴラッソ

コメント