日本代表から学ぶワンランク上の守備

 

 

まいど、ゴラッソ安田です。

 

 

日本代表はアジアカップ決勝でカタールに敗れましたね。

前半で0-2にされてハーフタイムに入ったけど、ハーフタイムの雰囲気とか森保監督が選手に何を話したのかが気になります。

 

 

敗因は相手の戦術にはめられたとか、その戦術に対して修正をするのが遅かったとかいろいろあるけど、

 

今回は日本代表の良かった所から上達方法を学んでいきましょう。

 

 

 

僕が特に良いと思ったのは前線の選手の守備の意識です。

 

 

今回のアジアカップに限らず、森保ジャパンになった辺りから日本代表の前線でのファウルが増えていると思いませんか?

 

特に南野、原口、武藤、堂安などの海外組が激しくボールを奪いに行ってファウルを取られる事が多いけど、前線でボールを奪う回数も増えているんです。

 

 

 

それに前線の選手が激しくボールを奪いに行くのはだいたいハーフウェーラインより前なので、

そこでボールを奪うことができれば日本代表のチャンスにつながるし、ファウルを取られて相手のフリーキックになってもそれが直接ピンチにつながるような怖い位置ではありません。

 

 

 

これまでの日本代表では前線の選手がボールに激しくアプローチするのではなく、

パスコースを限定する

抜かれない

この2つを前提に守備をしていたので、ボールを奪いに行かずに相手の前で止まる事がほとんどでした。

 

 

ボールを奪いに行くと簡単にかわされるリスクが高くなるので、抜かれないためにはこの守り方はいいけど、

相手からすれば「ボールを奪いに来ないから楽にプレーできる」のです。

 

 

 

逆に現在の日本代表が行っているような前線からの激しい守備は、以前の日本代表に比べると体力の消耗は激しいしファウルも増えたけど、相手からするとやりづらくて嫌な相手です。

 

 

 

ヘーレンフェーンでプレーする元日本代表MF小林祐希は以前このようなことを話していました。

「全員が(原口)元気くんみたいにハードワークすれば日本は絶対に強くなる」

 

 

まさに今の日本代表の前線の選手は原口元気のようにハードワークし、かわされてもすぐに追いかけるという守備を繰り返しているので、これを続けてさらに磨きをかければ日本代表のレベルはもっと上がるでしょう。

 

 

 

 

ってことで今回のまとめです。

 

前線でボールに激しくアプローチする

かわされてもすぐに追いかける

 

 

 

中学や高校のサッカー部では、ボールを奪いに行かない「抜かれないための守備」をしているチームが多いけど、

日本代表のようにボールを奪いに行く守備をすれば、チームや個人のレベルアップにつながるので是非実践してみてください。

 

 

ではまたー。

コメント