本田圭佑やイチローのような「持ってる」選手になるために必要な1つの事

ゴラッソ日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

今回お伝えするのは

本田圭佑やイチローのような「持ってる」選手になるために必要な1つの事

ということで、

 

これをすることによって、

チャンスのときにボールがこぼれてくる

という持ってる現象を起こすことができます。

 

 

 

その持ってる選手になる方法とは、

スパイクを磨く

です。

 

 

 

 

トップレベルの選手が必ずしている事

 

物を大切にするというのはサッカーだけじゃなくてどの分野でも一流になるためにはとても大切なことで、

サッカーだけじゃなくて野球やテニス、ビジネスの世界でもトップレベルで活躍している人は必ずしています。

 

 

 

 

ハノーファーの日本代表MF原口元気

「スパイクを手入れすれば長く履けるし、ブラシで磨いて足に馴染ませる作業が好きだった」

と語っているし、

 

 

ブラジルW杯とロシアW杯に出場したヴィッセル神戸の日本代表MF山口蛍

「サッカー選手として一番大事なものはスパイクだと思いますし、ボールが接触する場所。

そこに思いを込めることがすごく大事だと思います」

と語り、練習後はいつもスパイクを磨いています。

 

 

 

 

メジャーリーグで長年活躍しているイチローも、小学生の頃から練習後に毎日1人で残ってグローブを磨いていて、

 

「イチロー選手みたいに野球がうまくなるにはどうすればいいですか?」

と小学生に質問されたときも、

 

「物を大切にすること」

と答えています。

 

 

 

 

チャンスのときにボールがこぼれて来る選手になる方法

 

では、これがなぜ「チャンスでボールがこぼれてくる選手になる方法」なのかというと、

 

 

南アフリカW杯で日本をベスト16に導いた元日本代表監督の岡田武史さんは

「勝負の神は細部に宿る」

って話をよくするけど、

 

 

毎日練習後にスパイクを磨いている選手と、

スパイクを雑に扱って1度も磨いたことが無い選手のどちらにボールが転がって来ると思いますか?

 

 

 

ボールがどちらに転がるかは運なので、スパイクを雑に扱っている選手にボールが転がる事もあるけど、

それでもここぞという勝負どころでは絶対にスパイクを大切にしてる選手の方にボールはこぼれてきます。

 

 

 

岡ちゃんが言う「勝負の神」を「サッカーの神様」に置き換えて考えてみるとわかりやすいけど、

 

スパイクを磨くという一見サッカー上達には関係無さそうな細部にまでこだわることのできる選手に対して、

サッカーの神様はチャンスを与えます。

 

 

 

 

本田圭佑やイチローが

「持ってる」

という発言をしていたけど、

 

それは普段の生活からチャンスでボールがこぼれてきそうな選手になるための行動をしているから

「持ってる」現象を起こすことができるんです。

 

 

 

スパイクの磨き方

 

 

ってことで今回はこれ。

スパイクを磨く

 

 

専用のブラシや布を使って磨くと良いですよ。

あと靴の中は蒸れるんで、特にサッカーをしてたら蒸れてめっちゃ臭くなるんで、練習後はシューズケースに入れたままにせずに風通しの良い日陰に干してください。

日当たりが良い場所に長時間置いておくと痛んでしまうので気を付けましょう。

 

 

それではまたー。

チームで1番下手だった少年が1ヶ月でレギュラーになり中心選手として活躍した
「自分の中に眠る天才サッカー選手を呼び起こす方法」
少年サッカー上達プログラム ORESEN The REVENGE

⬇⬇

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴラッソ日記
ゴラッソ安田をフォローする
ゴラッソ

コメント