考え方を少し変えるだけで格段にサッカーがうまくなる方法

サッカー上達方法

まいど、ゴラッソ安田です。

 

 

今回の上達方法はこれ。

 

考え方を少し変えるだけで格段にサッカーがうまくなる方法。

 

 

 

少し考え方を変えるだけで誰でもさらにうまくなれるのに、多くの人がこの考え方をしていません。

なので、あなたは今すぐにこの上達する思考を身に付けて、ライバルと差を付けましょう。

 

 

 

では、どのように考え方を変えるのかというと、

 

全ての失点を自分の責任だと考えてみる

 

です。

 

 

 

 

 

 

サッカーでゴールを守るのはゴールキーパーやけど、「キーパーの責任で失点した」というような場面はほとんどありません。

 

 

GKがボールを奪われて失点したり、簡単なシュートを止められずに失点してしまうとGKの責任だと言われてしまうけど、

それ以外の場面では、失点の原因はフィールドプレーヤー(GK以外の選手)や、チームの戦術にあります。

 

 

 

 

例えば、

フィールドプレーヤーがボールを奪われ、そこから相手の攻撃が始まり、うまく相手をマークできずにパスを回されてシュートを決められたりしますが、

その状況では、ボールを奪われた選手や、うまくマークできずにパスを回せてしまった選手シュートを打たせてしまった選手などが失点の原因として考えられます。

 

 

 

このように、どのポジションでプレーしていても失点に絡むことはあるし、ひとつの失点に対しても様々な原因が考えられます。

 

 

 

 

そのときに大切なのが、失点したことを誰かのせいにしないこと。

 

そして、さらに上達するためには失点を自分の責任として考えることです。

 

 

 

 

例えば、

味方が自陣でボールを持っていて、あなたが相手のゴール前でパスをもらおうとしているときに、味方が相手選手にボールを奪われてそのまま失点したとしましょう。

 

 

 

そのような、周りから見ればあきらかにボールを奪われた味方選手が失点の原因という場面でも、

 

「チームメイトがボールを奪われる前に自分がパスをもらっていれば失点は防げた」

「自分が声を出して、相手選手がボールを奪いに来てることを伝えていれば失点は防げた」

 

というように、味方を責めるのではなく、自分がどうすればよかったのかを考えてみてください。

 

 

そうすることで、次に同じような場面があったときにその経験を活かし、失点を事前に防ぐことができます。

 

 

 

まとめです。

 

失点を自分の責任だと考えてみる

味方がミスをして失点した場面でも、自分がどうすれば失点を防げたかを考える

 

 

 

ポイントは、「自分のせいで失点してしまった」とネガティブに考えずに、

 

「同じような失点をしないために次はこうしよう」

「この失点のおかげで学べてよかった」

とポジティブに考えることです。

 

 

それではまたー。

コメント