サッカーのセオリーを破れば試合で大活躍できる

サッカー上達方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外で活躍する選手のようにプレー速度を速くする方法

 

ヨーロッパの強豪クラブ日本代表で活躍するトップクラスの選手は、

パスやシュート、ドリブルなどの技術が高いだけではなく、

プレーの速度が速いです。

 

 

プレーの速度とは、走るスピードではなく、

ボールを持ってからパスを出すまでの速さボールを持ってからシュートを打つまでの速さなど、

ボールを持ってから次のプレーをするまでの速さのこと。

 

 

このプレー速度が遅いと、相手に対応されてボールを取られやすくなってしまうけど、

海外のトップレベルの選手のように速いプレーをすると、簡単にはボールを取られずに攻めることができるので、

チャンスをたくさん作り出すことができます。

 

 

Jリーグで活躍している選手がレベルの高い海外に移籍するように、

小学校から中学校、中学から高校にいけばサッカーのレベルが上がるので、

レベルの高いサッカーに対応するためにも、プレーの速度を速くしましょう。

 

 

そのプレーの速度を速くする方法は、

サッカーのセオリーを知ることです。

 

 

サッカーのセオリーとは?

 

サッカーのセオリーとは、

この位置ではこういうプレーをする

という試合中の判断基準のことです。

 

 

例えば、自陣の低い位置(ゴールに近い位置)では危険なドリブルをしてはいけません。

ボールを取られるとすぐにピンチになるし、自陣深くでドリブル突破をしてもなかなかチャンスにつながらないからです。

なので、後ろではパスをつないだり、前線にロングボールを蹴るのが基本です。

 

 

また、攻めるときに第一に考えることは得点を取ることなので、

自分がボールを持ったときに、ゴールを奪えるチャンスがあるなら迷わずにシュートを打つことが大切です。

 

自分がシュートを打てないときでも、味方がシュートを打てる位置にいるならその味方にパスを出したり、

自分が目の前の相手をかわしてシュートが打てるならドリブルで勝負するなど、

ゴールに一番近づくプレーをしなければいけません。

 

 

このようなサッカーのセオリーを知らないと、

ボールを受けてから何をするか考えて、判断が遅くなってボールを取られたり、

判断に迷って中途半端なプレーをしてミスをしてしまいます。

 

 

セオリーを破ってチャンスになることもある

 

・自陣後方では難しいプレーをせず、簡単にパスをつないだりロングボールを使う

・攻めるときはシュートを第一に考えてプレーする

 

サッカーは基本的にこのような考えがあり、これを頭に入れておくと試合中に判断に迷うことが少なくなるのでミスが減り、

プレー速度が速くなって、質の高いプレーができるようになります。

 

でも、これはあくまでもセオリーです。

 

自陣の低い位置ではリスクを犯したドリブルをしてはいけないと言ったけど、

カウンターの場面なら低い位置でもドリブル突破をすれば大チャンスにつながる場合もあります。

 

例えば、ロシアW杯で日本代表がベルギー代表に2-3で敗れた試合では、日本はアディショナルタイムにカウンターから失点したけど、

そのときはベルギー代表MFデ・ブルイネ低い位置からドリブルで持ち運んだことが得点につながりました。

 

 

監督の指示が100%正しいとは限らない

 

元日本代表監督のハリルホジッチは、

パスサッカーをしていた日本代表のスタイルを変えて、前線にロングボールを蹴るスタイルのサッカーを目指し、

日本代表がハリルの言う通りにロングボールばかり使った試合があったけど、

全然うまくいかなくて選手がハリルの戦術を批判していました。

 

 

少年サッカーでも監督が

「パスしろ!」「シュートだ!」

とか指示を与えている場面をよく見るけど、監督の指示が絶対に正しいとは限りません。

 

プレーの選択肢はたくさんあって、「こうしたほうがいい」というセオリーはあるけど、

いつもセオリー通りの決まったプレーをしていても対戦相手に読まれてしまうし、

相手の裏をかくためには基本に囚われない自由な発想が必要だからです。

 

 

日本代表が失敗したパスサッカーとバルセロナが成功したパスサッカーの違い

 

以前の日本代表は

「自分たちのサッカー」

と言って、きれいにパスをつなぐことに執着していたけど、パスをつなぐだけで得点を取れない試合もあったので、

南アフリカW杯で日本代表を率いた岡田武史さんは、

うまくパスをつないだ選手だけではなく、強引なドリブル突破をした選手を褒めることで、

「パスだけに固執してはいけない」

というメッセージを選手に送っていました。

 

スペインのFCバルセロナも日本代表と同じようにパスサッカーと言われて、

中盤ではブスケツラキティッチなどテクニックのある選手が数的優位を作ってうまくパスを回しているけど、

最後の場面はメッシスアレスドリブルで仕掛けてシュートを打つ場面が多くあります。

 

「自分たちのサッカー」

と言い続けた以前の日本代表とバルセロナの違いはここにあって、

日本代表はパスだけにこだわっていたけど、バルセロナはパスサッカーにこだわらず、

パスとドリブルを組み合わせたスタイルでゴールを量産しています。

 

 

まとめ

 

サッカーのセオリー

・自陣後方では危険なドリブルなど難しいプレーをせず、簡単にパスをつないだりロングボールを使う

・攻めるときはシュートを第一に考えてプレーする

・自分がシュートを打てない場合はシュートを打てる味方にパスを出したり、ドリブルで仕掛けてシュートを打つ

この基本を知ることで判断に迷わなくなり、プレー速度が速くなる。

 

すごいプレーは自由な発想から生まれる

サッカーには基本的な考え方があるけど、これはあくまでセオリーです。

監督に言われたプレーだけしたり、セオリーやチームのスタイルに固執してはいけません。

 

以前の日本代表がパスサッカーにこだわって自滅したり、ハリルホジッチの戦術通りにプレーしてうまくいかなかったように、

チームの戦術やスタイルは大事だけど、最終的には自分で考えることが大切なんです。

 

サッカーのすごいプレーは誰も思いつかないような自由な発想から生まれるので、

基本的な考え方を知った上で、

それを上回るようなすごいプレーを生み出しましょう。

コメント